ベッカム 変貌について・・・

今話題になっているキーワード、ベッカム 変貌に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

ベッカム 変貌が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

ベッカム 変貌についてのニュース記事

かつて時代の寵児ともなったサッカー界の貴公子が話題を呼んでいる。

現地時間5月13日に英紙『The Sun』をはじめとする複数の英国メディアは、元イングランド代表MFであるデイビッド・ベッカムのスクープショットを紹介。買い物中に撮られたそれは、以前よりも頭部が薄くなっていることが明らかになるショッキングな一枚となっている。

【画像】メディアもファンも驚いたベッカムの“今”を抑えたスクープショットはこちら!

ベッカムといえば、現役時代にはマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーで活躍。さらにイングランド代表としても115キャップを数えたサッカー界のレジェンドだ。また、甘いマスクを武器に世界中で高い人気を誇る、まさに国民的スターだった。

45歳になったとはいえ、現役時代からコーンローや、日本でも一世を風靡したモヒカンなど、様々なヘアスタイルを披露し、アイコンと呼ぶべき存在だったベッカム。その容姿の激変ぶりに英国メディアもショックを隠し切れないようで、『The Sun』は、こう綴っている。

「デイビッドは2018年に植毛手術をしていたと噂になっていたが、今回の姿はそれが真実だと物語るものだ。現役時代の甘美な振る舞いを想えば、少しショックではある」

さらには英国以外のメディアも驚きとともに愕然とした反応を示している。伊紙『Il Messaggero』は、次のように記した。

「あのベッカムの髪は一体どうなってしまったんだ。彼が自宅待機中のコッツウォルズで押さえられた一枚は、ほとんど髪のない悲し気なものになっている。あの象徴的な前髪とは、我々は永遠に別れを告げなければいけないのか?」

さらにSNSでも大スターであるベッカムの現況は拡散され、「まるで老人だ」や「一気に老け込んだ」「俺たちの知ってるデイビッドはどこへ?」「もうヘアスタイルは変えられない」と悲観的なコメントが相次いだ一方で、「誰も気にしない」や「ハゲてもカッコいい」「俺なんかもっと酷い」「年相応じゃないか?」といった声も集まった。

老若男女問わずサッカー界随一のイケメンとして知られたベッカム。そんな彼だからこそ今回の変貌ぶりは“大騒動”となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

スポンサーリンク

ベッカム 変貌に関連するWiki情報

デイヴィッド・ロバート・ジョゼフ・ベッカム, OBE(David Robert Joseph Beckham, OBE, 1975年5月2日 - )は、イギリス、イングランド出身の元サッカー選手、モデル。ポジションはミッドフィールダー(RSH, CH)。元イングランド代表。2013年に現役引退。
FIFA最優秀選手賞では2位に2度選出され、2004年に初めて最も収入を得たサッカー選手となり、英国人として初めてUEFAチャンピオンズリーグ100試合出場を達成した。
2000年11月15日から、2006 FIFAワールドカップまで、58試合でイングランド代表のキャプテンを務めた。その後も代表に選ばれ、2008年3月26日に行われたフランス戦で100キャップ目を記録し、フィールドプレイヤーとしては最多の出場数を誇っている。1999年にスパイス・ガールズのヴィクトリア・ベッカム(旧姓アダムス)と結婚した。

 

ふむふむ・・・

ベッカム 変貌について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

ベッカム 変貌についての世間の反応

コメント受付中

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.