ビッグイシュー 限定通販がヤバイ!?

今話題になっているキーワード、ビッグイシュー 限定通販に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

ビッグイシュー 限定通販が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

ビッグイシュー 限定通販についてのニュース記事

新型コロナウイルスの感染拡大が、ホームレスの人たちを追い詰めている。外出自粛が進んだ結果、路上で販売して収入が得られる雑誌「ビッグイシュー日本版」の売り上げも急減。発行元は緊急の支援策として、3カ月限定の通信販売に乗り出した。そのうえ、インターネットカフェへの休業要請で、路上生活者が増える恐れも出ている。

【写真】人通りが減った街頭で「ビッグイシュー」の販売を続ける島田肇さん=10日午前11時38分、東京都千代田区有楽町1丁目、江口悟撮影

東京都千代田区、JR有楽町駅近くの歩道。ビッグイシュー販売者の島田肇さん(49)は、都が休業要請の対象施設を公表した10日も、グレタ・トゥンベリさんの写真が表紙を飾る最新号を手に、いつもの場所に立っていた。

「感覚的に人通りは以前の3~4割しかない。1日に25~30冊売れたのが、特に安倍首相が7日に緊急事態宣言を出した後は、10冊くらいに落ちた。人と接することを避ける動きも影響している気がします」

月2回発行のビッグイシュー日本版は、4月から100円の値上げで450円になった。販売者は1冊220円で仕入れ、差額の230円を得られる仕組みだ。10冊しか売れないと1日の収入は2300円で、交通費などを差し引くと食いつなぐだけで精いっぱい。自立への道は遠い。

昨年9月に販売を始めた島田さんは、それでも毎日、マスク着用で気を配りながら、ここに立ち続けるつもりだ。「いまやめたら、応援してくれている常連のお客さんが離れてしまう。コロナの問題が出てからも、『この時期、大変ですね』と声をかけてくれ、励みになっています」

10日には、3月末に派遣切りに遭い、ネットカフェにいたという男性が「自分も販売できるか」と尋ねてきた。島田さんも、お金に余裕がある日はネットカフェで夜を過ごしてきた。だが、都はネットカフェにも休業を求めた。「感染防止は必要だけど、これから心配ですね。売り上げの減少もあり、販売者仲間にも心が折れた感じの人がいる」

こうした販売者の苦境を受け、発行元の有限会社「ビッグイシュー日本」は、4~6月の3カ月間に発行する6冊を、送料を合わせて3300円で届ける通信販売を始めた。同社のホームページ(https://www.bigissue.jp/)から申し込み、クレジットカードか郵便振替で支払う。

販売者がいない地域に限ってきた定期購読の対象を、今月から年間単位で全国に広げた矢先。4月1日号の当初7日間の販売数が前年比36%減となり、外出自粛に沿った対応として急きょ打ち出した。2千人の購読が目標で、売り上げの半分以上を雑誌販売が主な収入源の約60人に分配する予定だ。問い合わせは大阪本社(電話06・6344・2260、メールinfo@bigissue.jp)へ。

 

ふむふむ・・・

ビッグイシュー 限定通販について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

ビッグイシュー 限定通販についての世間の反応

しょうがないと思うが、何とか現状を抜け出したい彼らにとったら大変かも知れない。
ネットカフェ難民の支援より、収入がゼロで働きたくても働けないこのような人達を支援したらどう?
こんな現状でも人が必要なところはあると思うけど。

人にもよるがコロナにかかっても死なない人も多い。しかしお金が無い、稼ぐ手段が無くなると死ぬしかない人がたくさん出てくる。恐らくコロナウイルスで亡くなる人以上に。

ビッグイシューはホームレス支援のための投げ銭みたいなものです。
余裕があるうちは彼らを応援することができますが、今の状況では自分の身を守ることが優先されますからね、早めに考えておかないといけませんよ。(どうすることもできないだろうが)

街角で販売してるひとから買う仕組みを変えていく方法はいいと思いますが、販売数を確保できるか問題ですね。
ビッグイシューは生活困窮者の支援の一部なので、ここに全ての助成の比重がかかってはいけないと思うし、それを成り立たせるのはそもそもムリなものがある。
自粛のしわ寄せがあちこちに深刻な事態を表面化させているけど、この人達をホームレスにしてしまってはいけないと思う。
一般の助成とは別枠でなにか考えられないだろうか。

自立をしようと努力している人たちだから、この状況には同情する。支援を受ける生活に至った経緯は人それぞれだろうが、人目につく場にたち辛い思いもして目に晒される痛みを耐え忍んでいる。

お金に余裕がない人にまで、買ってくださいとは言ってないのだから、お金に余裕がある人は、買ってみたらいいと思います。ビッグイシューのコンセプトに賛同する、著名人、俳優やミュージシャンなどがインタビューに答えていたりします。昨年、ボヘミアンラプソディーの映画が大ヒットしていた頃、クイーンの特集をしていた号は、良く売れていましたよ。

私は、決まった人ではないけれど、街角で見かけたら、購入しています。
300億円以上のマスクをバラ撒くより、母子家庭父子家庭、バイト代で生活や授業料を工面している苦学生、その他、生活困窮者の援助に回してもらいたかった。

苦しい状況は理解出来るが、このネット万能の時代に
完全に取り残されている感しかしない
コロナの件はそれをより浮き彫りにした形になったな
いざとなったら別の働き口を見つけ出す事も必要だろう
極論を言えば、自分の身は自分で守らなければいけないのだから

もう少し辛抱して、社会的にも(日本として)ヤバくなりそうになったら、一斉に抗体検査(免疫持ったかの方)をチェックして、
乗り越えた人で回すしか無い。
持って無い人は完全巣籠もりで、防御。

この雑誌売るのも大変な重労働だろう。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.