タカラバイオ PCR検査キットの真相がヤバイ?!

今話題になっているキーワード、タカラバイオ PCR検査キットに関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

タカラバイオ PCR検査キットが話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

タカラバイオ PCR検査キットについてのニュース記事

タカラバイオは30日、新型コロナウイルス感染の有無が1時間以内で分かるPCR検査キットを開発したと発表した。現在、市場に出ているPCR検査キットの中では最速で5月1日から発売する。

【写真】タカラバイオの研究施設

新型コロナのPCR検査では、通常、患者の鼻の奥から粘液などの検体を採取。検体に含まれるウイルスの遺伝子配列を専用の装置で増やして検出することで感染の有無を判定する。これまで全ての工程で2時間以上の時間がかかっていた。

一方、同社が開発したキットは、検体中に含まれるタンパク質などの反応阻害物質に影響されず、ウイルスの遺伝子を正確に検出するため、大幅なスピードアップが実現した。

同社は中国・大連の主力工場で月2万キットを製造する。保険適用で、国内の医療機関などの需要に応えるとする。

 

ふむふむ・・・

タカラバイオ PCR検査キットについて、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

タカラバイオ PCR検査キットについての世間の反応

これも中国の工場で生産ですか、マスクの様に、いざという時には、
物の移動が止まり、止められてしまいます。
日本工場で生産すると高コストなるのは判りますが、国内で生産
可能な状態にしておきたい。

実は3月下旬から4月にかけて、日本の複数の会社が高性能なPCR検査装置を開発しています。国立感染研も3月下旬に感度評価をしました。

医師ですが、一般の方々が検体数を増やせ!とおっしゃる気持ちはよくわかりますが、現実は感度•特異度の問題で無闇やたらに検査できません。
マスコミがまだ治験段階のアビガンやPCRについて正確に伝えないために一般の方々の誤解を生んでいると感じております。

ことここに至って、まだ中国で生産するのか。マスクでこれだけ痛い目にあったのに。まため先を追うのか、と思うと残念。

写真を見る限り島津と同等のキットでしょうか。分子生物学の分野では、信頼のタカラバイオですが、中国生産なんですね。国内生産の方がリスク管理としては良いと思いますが。

なんで学習しないんだよ。中国で作ったらまた止められるぞ。それだけじゃなく、知的財産全部取られるぞ。戦略物資なんだから国内で作れよ。こういうのだったら税金使っていいんだからさ。平和ボケもいい加減にしてくれよ。

なぜ中国生産なのか?
もう国内生産する体制に変えるべき
技術は盗まれるは雇用は奪われるは良い事無し!
日本国内に投資して日本人の雇用を生み国内に金を回した方が良いではないか!
いい加減グローバル主義から目覚めなさい!

こういうことに政府はもっとお金を使ったほうがいい。
感染症に対応する医療体制も、患者が安心して入院できる施設も
この数年の間に予算を削られた後の乏しい数の人材と施設のみで
必死の対策をしているという悲しい事実。
日本でインフラを整え、工場に人を就業させれば
建設に携わる人の給料と、薬を作る人の給料が確保できる。
「これでもたない会社は潰すから」なんて言っていたら
本当にもったいない

バブル崩壊後に発生した超円高で不況となりリストラ、給料は上がらずで安いものばかりを求めて中国で生産して輸入してデフレの再生産。

多少判定に時間がかかっても、精度の方を何とか高められないものかね。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.