スバル 三菱 明暗の真相がヤバイ?!

今話題になっているキーワード、スバル 三菱 明暗に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

スバル 三菱 明暗が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

スバル 三菱 明暗についてのニュース記事

text:Kenji Momota(桃田健史)

改めて、SUBARU(スバル)と三菱自動車工業(三菱)の違いが浮き彫りになった。

【写真】スバル/三菱を支えた2台 コロナ後に期待したい2台【内外装ディテール】 (94枚)

主力市場が違うためモデル構成が違い、経営体質も違う。

トヨタとホンダに続き、スバルと三菱が2020年3月期の決算発表を行った。

まずスバルだが、他メーカーが減収減益だったのに対し、販売台数も営業利益も前期比でプラスを維持した。

連結売上は前期比6.0%増の3兆3441億円。全世界販売台数が同3.3%増の103万4000台となった。

どこで、どのモデルによって販売増となったのか?

最も大きかったのはアメリカだ。同市場では小さめのミドルサイズSUVであるフォレスターと、日本未導入のミドルサイズSUV「アセント」の販売が伸びた。

アメリカは現在、市場全体の約6割をライトトラックと呼ばれるSUVとピックアップトラックが占める。

スバルは2000年代にアメリカ市場を最優先する商品戦略へと大きく舵を切り、販売網の大再編によって販売奨励金を抑制し、値引きせずに売れるブランドへと転身した。

その結果、2020年3月期でみると、グローバル販売のうちアメリカが68%を占めるという経営体質となっている。

アメリカでの新型コロナウイルス感染拡大の経済活動への影響が今年(2020年)3月中盤以降に顕著になったため、今回の決算には大きく響かなかった。

では、日本での実績は?

 

ふむふむ・・・

スバル 三菱 明暗について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

スバル 三菱 明暗についての世間の反応

このコロナ事態の中で各社、市場予想・市場戦略を立てるの非常に難しいと思う。
とれだけ優秀なアナリスト・エコノミストを有しても、この世界のコロナ動向の見極めはシンプルではない。

アメリカで爆発的に広がったのって4月くらいからだった気がするから、スバルの決算にあまり影響しなかったのは当たり前
来期がすごいことになると思う

3月期決算とは前年度4月から今年度3月までの決算ですよね。コロナウイルスの蔓延は今年2月以降なので、コロナ禍が決算に影響を与えるのはこれからだと思います。三菱の業績が悪いのはコロナ禍以前の問題では?

自動車関連の仕事をしているけど
スバルが真っ先にライン停止したよね今回
他社はgdgdしていたけどスバルの調整は異常に早かった。
今後に注目します。

北米の降雪地帯ではスバルの乗用四駆の人気は圧倒的。
アメリカのメーカーは、エンジン車の四駆の技術開発をするとは思えないので暫くは安泰でしょう。
スバルは今後の為に電気自動車の四駆制御の技術を抑えておく必要があるでしょう。

>スバルは地域別モデルがほとんどない、グローバルモデル戦略なので、日米市場でのモデルラインナップの違いは、アメリカのアセント、日本の軽、そして日本のレヴォーグだけだ。

スバルは北米偏重だから、コロナの影響が北米で小さかった3月までの決算がいいのは当然。問題は今年度。壊滅的な打撃を受けるのが目に見えている・・・。

コロナの影響が濃く反映される前の決算を比較して、何が言いたいのだろうか。
いまいち、理解できない。

地域別モデルについて記事での言及はありませんが、
国内販売ではほぼ売れなくなったレガシィも
次世代はアウトバックだけになると言われています。
又このレガシィは、北米で2年前にメジャーアップデートされましたが、
未だ日本には出荷されず旧世代の年次改正に留めています。。
正直国内では年間売上が、やっとインプの一月に届くレガシィですから、
しょうがないと言えば、しょうがないかも知れません。

スバルは水平対抗をやめてたら今の繁栄は無かったと思う。
もちろんメリットもあるけど環境性能や整備性など劣る面も多い。
スバル程の他社より小さい車会社が生き残るには横並びに車作るのではなく、いかに独自性を保つかという点が大事。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.