スカーレット 縦読みについて・・・

今話題になっているキーワード、スカーレット 縦読みに関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

スカーレット 縦読みが話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

スカーレット 縦読みについてのニュース記事

女優の戸田恵梨香(31)がヒロインを務めた昨年後期のNHK連続テレビ小説「スカーレット」の総集編が5日、総合テレビで放送される。「前編」(後3・05~4・28)は第1~13週、「後編」(後4・28~5・56)は第14~25週をまとめた。

【写真】大島優子が公開した戸田恵梨香との“親友ショット”

朝ドラ通算101作目。タイトルの「スカーレット」とは「陶芸作品に表れる理想の色の1つ。伝統的に炎の色とされ、黄色味のある鮮やかな赤、緋色(ひいろ)」のこと。フジテレビ「夏子の酒」「妹よ」「みにくいアヒルの子」、日本テレビ「ホタルノヒカリ」などで知られる脚本家の水橋文美江氏(56)が朝ドラに初挑戦したオリジナル作品。“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描いた。

総集編(前編)が放送された昨年12月30日の新聞朝刊のラテ欄(テレビ・ラジオ欄)に、異例とも言える地域ごとに違う10種類以上の“縦読み”メッセージが登場したが、この日も実施。

東京などは「心に残る物語をはじめ」「の場面から!信楽の土」「炎と向き合う▽喜美子」「を多くの苦難が襲うが」「燃える陶芸家への情熱」「や人々との出会いを通」「して…!▽最後まで見」「続けよう▽戸田恵梨香」の8行。先頭の文字を縦読みし、L字に読むと「心の炎を燃やし続けよう」となる。

大阪などは「▽喜美子は苦難を越え」「炎を心にともし続ける」「はちさんや照子信作も」「きみちゃん人生振りか」「えり▽信楽の世界再び」「なみだに負けるもんか」「いざ放送▽戸田恵梨香」の7行。先頭の文字を縦読みすると「▽炎はきえない」となる。

 

ふむふむ・・・

スカーレット 縦読みについて、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

スカーレット 縦読みについての世間の反応

スカーレットは大好きな朝ドラ
終わった後も心に残り続けてます
総集編も楽しみ
いつもと変わらない一日が特別な一日、が今の状況に改めて響きます

スカーレットは出演者の演技も描写の丁寧さもクオリティが高かった
コロナが日常に陰を落とす中、
何気ない日々の大事さを噛み締めさせてくれるドラマ

スカーレットは毎日楽しみでした。
個人的な好みでは、カーネーションと並んで、過去最高。

コロナウイルスに対して啓発の大切さは十分理解していますが、青いテロップ枠とQRコードがしつこい。
中には、私のように、レコーダーで保存しておきたい人もいるはず。

スカーレットは面白かったけど、各局再放送はもっとストーリーが記憶から飛んでるくらい前のやつやってほしい。

喜美子に会える!
ハチさんに会える!
武志に会える!
照子に会える!
信作に会える!

スカーレットは大好きでした。
ちなみに、あまちゃんとひよっこも大好きでした。
なぜかエールは2回まで見て辞めました。

久しぶりで終わってしまったのが寂しい朝ドラだった。

コロナのお蔭で変な睡眠時間になり。15:00には昼寝してましたが
目覚ましかけて今日は見ます。

うちの地域は「炎はきえない」のほうでした。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.