ジャパネット 挑戦の件はマジ!?

今話題になっているキーワード、ジャパネット 挑戦に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

ジャパネット 挑戦が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

ジャパネット 挑戦についてのニュース記事

ジャパネットといえば、創業者の髙田明氏。通販番組に自ら出演し、お茶の間の人気者でもあったカリスマ社長の強烈なリーダーシップに引っ張られて、成長してきた。

【関連表】髙田旭人氏がジャパネットHD社長就任以来推進してきた、働き方改革の主な取り組み

しかし、現在は、明氏の長男、旭人社長の下、過去最高売上高を更新中だ。

「東大卒の2代目か」「会社を潰すんじゃなかろうな」「お手並み拝見」――という周囲の視線を感じながら、トップダウン型だった会社を社員一人ひとりの意思によって動き、成長する組織へと変貌させてきた。

その経緯は、著書『ジャパネットの経営 東大卒2代目の僕がカリスマ社長の後を継ぎ大事にしてきたこと』に詳しいが、今また、新しいチャレンジが始まっている。

新型コロナウイルスにより、ジャパネットの経営もダメージを受けている。だが、若き経営トップは、これをむしろ変革のチャンスと捉え、矢継ぎ早に前向きな取り組みをスタートさせている。そんな現在進行形の挑戦を、フレッシュなままにお届けしたい。

第1回のテーマは、在宅勤務の基準。(構成/荻島央江)

* * *

私が2015年1月に創業者である父・髙田明の後を継いでから丸5年が過ぎました。この間、「正しいことをすれば結果もついてくる」という仮説を立て、さまざまなことに取り組んできました。例えば、約8500あった取扱商品点数を600程度まで絞ったり、社員数を1年で一気に250人増員したり、年間休日を10日間増やしたり、といったことなどです。

そうした取り組みが実を結び、ジャパネットホールディングスの19年12月期 のグループ連結売上高は約2070億円と過去最高を更新しました。社長就任時からおよそ35%伸びたことになります。

今期は厳しい状況になるかもしれません。当社では16年からクルーズ旅行サービスの販売を開始し、19年の年間乗船客数は2万人を突破しました。今年も日本一周クルーズ10日間の旅のツアー催行を予定していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4~6月に予定していたツアー5本の中止を決定。催行中止を発表する前に、キャンセル料を頂いていたお客様にも全額返金しました。

クルーズサービスの今春の売り上げを70億円と見込んでいたところ、これがゼロ。販促にも費用をかけていましたから、痛手は小さくはありません。「外出できない今、通販事業は好調なのでは」と言われますが、消費マインドが冷えているので、すごく売れているという実感はないです。ただ、ウオーターサーバーや調理器具など、この状況下で伸びている商品には、今までとは違うお客様がついている感触があり、明るい材料に変えられるかもしれません。

スポンサーリンク

ジャパネット 挑戦に関連するWiki情報

株式会社ジャパネットたかたは、長崎県佐世保市日宇町に本社を置く、日本の通信販売会社である。キャッチコピーは、『「今を生きる楽しさ」を!』(2015年1月16日 - )。
現在は持株会社である株式会社ジャパネットホールディングス(2007年6月27日設立)の完全子会社であり、ジャパネットグループの通信販売媒体制作を担当する企業となっている。本項ではジャパネットグループ各社の概要についても記す。

 

ふむふむ・・・

ジャパネット 挑戦について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

ジャパネット 挑戦についての世間の反応

コメント受付中

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.