ジャッキー吉川 死去の件はマジ!?

今話題になっているキーワード、ジャッキー吉川 死去に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

ジャッキー吉川 死去が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

ジャッキー吉川 死去についてのニュース記事

「ブルー・シャトウ」の大ヒットで知られるグループサウンズ「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」のリーダーでドラムス担当のジャッキー吉川(本名板岡公一)さんが死去していたことが21日、分かった。81歳。東京都出身。

【写真】ミニライブを行うブルー・コメッツ

事務所関係者が、群馬県内の自宅ベッドで亡くなっている吉川さんを発見した。最近はずっと体調がすぐれなかったという。

1938年8月1日生まれ。高校2年生の時に見た映画「グレン・ミラー物語」で、米ジャズドラマーの大物ジーン・クルーパに憧れてドラムを始めた。法政大2年の時に鹿内タカシ(現孝)&ブルー・コメッツのバンドボーイとなり、61年に正式メンバーに。鹿内の米国留学を機にリーダーとなった。

66年、ザ・ビートルズの日本武道館公演に前座で出演。67年に発売した「ブルー・シャトウ」が大ヒットし、日本レコード大賞を受賞。NHK紅白歌合戦にも出場した。同年、故美空ひばりさんの大ヒットシングル「真っ赤な太陽」にバックバンドとして参加している。また、米国の人気テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」にも出演した。

ブルコメは2000年に井上忠夫(大輔)さんが死去したが、01年から活動を再開。吉川さんは17年にテレビ朝日「徹子の部屋」に出演した際、くも膜下出血での闘病から復帰したことを明かしていた。

主なヒット曲に「青い渚」、「北国の二人」、「さよならのあとで」など。著書に回想録「ブルコメは永遠に」(00年)がある。

スポンサーリンク

ジャッキー吉川 死去に関連するWiki情報

ジャッキー吉川とブルー・コメッツ(ジャッキーよしかわとブルー・コメッツ)は、日本のバンドで1960年代に一世を風靡したグループ・サウンズのひとつ。1957年に結成されたロックコンボが母体。グループ名の由来は「どの星よりも光り輝く彗星のように」である。当時の所属芸能事務所は大橋プロダクション(渡辺プロダクションと業務提携)。21世紀の所属事務所はオフィス・アタック。略称は「ブルコメ」が定着しているが、2013年現在公式では「COMETS(コメッツ)」を用いている。

 

ふむふむ・・・

ジャッキー吉川 死去について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

ジャッキー吉川 死去についての世間の反応

プルコメは私たちにとって青春時代のあこがれでした。数あるバンドの中でも音楽的センスも実力も備えた品格あるバンドでした。多くのヒット曲は今もよく聴いています。井上忠夫さんが亡くなり、ジャッキー吉川さんも逝去されて寂しい限りです。御冥福をお祈りします。

「森ニンニク、泉、ニンジン、囲まれ天丼~♪」。「ブルーシャトウ」の替え歌を思い出しますね。お疲れ様でした。

ブルーブルーブルーブルーブル~
シャート~
名曲ありがとうございました
ご冥福をお祈り致します

本当に静かな眠りに就いてしまった。
心よりご冥福をお祈りします。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.