グンゼ 肌着素材マスクについて・・・

今話題になっているキーワード、グンゼ 肌着素材マスクに関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

グンゼ 肌着素材マスクが話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

グンゼ 肌着素材マスクについてのニュース記事

グンゼは13日、肌着用の生地を使ったマスクを公式サイトで発売した。縫い目を減らした伸縮性の高い綿混生地で、着け心地の良さを追求。全て国産で、京都府宮津市の工場で月産50万枚を製造する。

【写真】熱中症予防に「ひんやり夏用マスク」

価格は2枚セットで980円(税別)。色はライトグレー。1回の注文で2セット4枚まで購入できる。ガーゼなどを挟めるよう2重構造とし、顔にフィットする立体設計となっている。布製で洗って繰り返し使うことができる。

使い捨てマスクの供給不足は解消されつつあるが「外国製に不安を覚える人が多く、肌着製造で培った技術を生かした日本製のため安心して使ってもらえる」(広報担当者)としている。

また、同社が包括連携協定を締結する大阪府と大阪市に計5千枚無償提供する。一部は府内の支援学校などに配られるという。

 

ふむふむ・・・

グンゼ 肌着素材マスクについて、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

グンゼ 肌着素材マスクについての世間の反応

中国産の新型コロナウイルスのために、中国製マスクを買うなんてできるだけ避けたいと思う。
日の丸マスクの増えることを願います。

ついでに熱中症対策用の夏マスク作って欲しい。

グンゼさん、米国科学会(ACS)HPに掲載された
一般的な布地を使用した布製マスクのエアロゾル濾過効率の
検証を基に綿2枚、綿とシルク、綿とシフォン、綿とフランネルなど「目の細かい綿素材」と「複数の素材」と組み合わせた
2重のハイブリッド生地で作製した布製マスクや
2重シフォンで綿を挟んだ3~4層構造の
N95マスクに匹敵する性能を証明した布製マスクを
秋冬に販売してくれたら、多くの一般人が購入すると思う。
緊急時の不織布マスクは医療従事者、介護従事者、生活インフラ維持で働く人たちが優先して使えるようにすることが重要。
是非、繰り返し洗って使える高性能布製マスク販売を
実現させてほしいと願う。

昼休みに職場の近くのポプラにご飯買いに行ったら50枚入り税込2980円で個数制限なしで売ってました。日本語表記でしたが当然マスクの団体のマークも無いし、日本の輸入元の表記も無かったので買いませんでした。ゴミになれば良いと思います。

こういう国内企業が売る洗えるマスクも、現在はとにかく出せば飛ぶように売れる品だけど、これからは淘汰が進むと思う。
真っ当なものを真っ当な値段で売るものが残るだろうな。夏場の冷感マスクはかなりのビジネスチャンスだと考えられるので、大手も参入してくるはず。ユニクロあたりが大量生産大量販売したらそこで勝負ありかもしれないが。

早速購入しました!マスクのみの購入であれば送料無料なんて、とっても嬉しいですね。さすが安全安心の日本の企業です。

不織布マスクは医療関係者に優先すべき。
一般人はマスクによる防御力向上よりも、攻撃力抑止を考えないと。
うつらないためのものではなく、うつさないためのものです。
チャイナ発祥のウイルスにメイドインチャイナで戦うなど愚の骨頂。
今こそ『日本製』に誇りを持って戦いましょう!!
我が地元の『藍染マスク』や『阿波しじら織マスク』もよろしく!

フィルターセットがセット出来るなら他の色もつくって欲しい!!
布マスクはおしゃれなマスクが欲しいです。
日本製サージカルマスクも7枚入りは少し出回ってきたし
自宅や社内だけの日は布マスク、打合せが有る日は日本製サージカルマスク。何とかなるだろう。

そのうち日本のメーカーから、夏用マスクが出ると思っていましたが、さすがはGUNZEです。価がは良心的。愛用中の肌着同様に、品質も期待しています。

次々、色々な会社がマスクの製造を手がけはじめています。
ファッショナブルなオシャレマスク、欲しい気持ちはあります。
しかし、インフルエンザやアレルギー、病院への見舞金対策で使い捨てのマスクを長年使っていた身としては、その日に使ってポイ、の方が気楽です。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.