ガラケー需要 再燃の件がヤバイってマジ!?

今話題になっているキーワード、ガラケー需要 再燃に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

ガラケー需要 再燃が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

ガラケー需要 再燃についてのニュース記事

スマートフォンが普及する前、携帯電話に通話かメールくらいしか用途のなかった時代に広く使われていた電話は、俗に「ガラケー」「ガラパゴス携帯」または「フィーチャーフォン」と呼ばれている。

日本が国家戦略として5G整備へ、ノキアは日本企業5社との協業を表明

2012年、携帯電話の出荷台数で世界首位だったノキアは、その王座をサムスンに明け渡した。ここからフィーチャーフォンの販売台数は急激に減少する。ノキアの出荷台数は2016年には2010年の10分の1にまで縮小し、わずか3500万台となった。同年、サムスンの出荷台数は約3億1000万台、アップルが2億2000万台、ファーウェイは1億2000万台に上っている。

フィーチャーフォンはすっかり過去の産物になったようにみえる。今どき、あえてフィーチャーフォンを使っている人はいるのだろうか?

意外なことに、フィーチャーフォンに関する調査結果は多くの人々の予想を覆している。TMT業界専門の調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチによると、2017年のフィーチャーフォン出荷台数は前年比5%増の4億5000万台で、2018年第3四半期には携帯電話の全世界出荷台数の23%をフィーチャーフォンが占めたという。

2019年9月、独ベルリンで開催された欧州最大の家電見本市IFA 2019で、ノキアブランドを運営するHMD Globalはフィーチャーフォンの新機種「Nokia 2720 Flip」を発表した。中国市場では年内に700元(約1万円)で販売される予定で、4Gに対応するほか、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)、連続待ち受け時間は670時間、フェイスブックやグーグルマップをプリインストールしているという。つまり、一部スマートフォンの機能を有したフィーチャーフォン(ガラホ)だ。この発表に対して、ノキアファンに限らず、一般ユーザーからもこうした「ガラホがほしい」との反応が多くみられた。

誰からも忘れられたと思われていたこの市場に、グーグルなどの大企業が次々と目を留めている。フィーチャーフォンに食指を動かされるユーザーとはどのような人たちなのだろうか?

初めての携帯電話がフィーチャーフォンだった世代にとっては、ノスタルジーという意味合いも多分にあるだろう。あるいはスマートフォンしか知らない若者は、常に情報の海にもまれることに疲れているのかもしれない。AIが自動変換してくれる文字入力に慣れ切って、キーボード入力のやり方さえおぼつかない場合もある。状況が許すのであれば、一種のファッションアイテムとしてフィーチャーフォンを持つのも悪くはない。

ファッションブランドとのコラボモデルや過去の人気モデルの復刻版は、フィーチャーフォン回帰の入り口となるだろう。ただし、フィーチャーフォン需要の裏には、いまだインターネットとの接続に縁がない人が世界に数十億人も存在するという事実もある。彼らにとっても、フィーチャーフォンは重要な存在意義があるのだ。

スポンサーリンク

ガラケー需要 再燃に関連するWiki情報

フィーチャー・フォン(英: feature phone)は、携帯電話における端末類型の一つ。

 

ふむふむ・・・

ガラケー需要 再燃について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

ガラケー需要 再燃についての世間の反応

会社で使ってるのはガラケーだけどね。
今のガラケーでもアプリは入れれるし
カメラとLINEと通話が出来れば
問題ない。
一定の需要はあると思う。

私はガラケーで十分、あとバックアップにシムを使ってる。シムでラインも使えるし、携帯と格安シムで月三千円もかからない。家にはPC設置でWIFI環境でもあり通信費はすべて含め一万円届かず。よく通信会社が乗り換えの案内をいただくがこの話をすると皆一様に納得して引き下がる。バッテリーも長持ち、国家安全保障上絶対に廃止しないほうがいいと思う。

一時期は法人用と高齢者向けに傾倒したけど
私も電話のガラケー、ネットメールのスマホで分けている。

電話とメール、連絡を取るだけならガラケーで充分。
機種を選べるほどないが、とりあえず通じれば良い。

電波が5Gに完全移行しても、通話専用ツールとして、ガラケーは残しておくべきだと思います。高齢者のみならず、事故や病気などで目が不自由になった人にも、緊急連絡用に、ボタンで操作できるガラケーの方が役立つと思います。

通話とショートメールが出来れば十分なんです。
カメラもネットも不要。
スライド式や小さいタイプが欲しい。
ネットはタブレットでやりますから。

需要はあります。
そもそもイエデンの進化版がガラケーであって、スマホの普及と共になくそうとするのが間違いだと思う。
スマホは携帯できるPCであって電話とは別物と捉えるべき。

だってスマホって通話は聞き取りづらいしバッテリー保たないし
通話以外に使わない(上に耳も悪い)高齢の両親に勧めたいとは思えない。
それだけ需要があっても切り捨ててスマホスマホな日本企業って
ラクして儲けることしか考えてなくて本当にサービス悪い。
そんなことしてたらニッチ需要も掘り起こす外国企業に負けて当然。

普通に携帯電話を買ったと思えば、いつのまにか「ガラケー」なんて馬鹿臭い名前で呼称され大変迷惑だ。

自分も去年キャリアのガラケーをガラホに変更した。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.