イナダ天日干し 生産最盛期について・・・

今話題になっているキーワード、イナダ天日干し 生産最盛期に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

イナダ天日干し 生産最盛期が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

イナダ天日干し 生産最盛期についてのニュース記事

脂の少ないブリを天日干しで乾かした高級珍味「イナダ」作りが、射水市新湊地域で最盛期を迎えている。

富山湾の脂の乗ったブリを使うと表面に浮いてくる脂で乾燥が進まないため、脂の少ない九州産を使う。おろした身を塩漬けにした後、塩分を抜き、20日~1カ月間干すことで、うま味成分を凝縮させる。富山、石川の両県で贈答用に人気があり、塩気があるブリの風味が味わえる。

同市港町の立野三郎商店の前には天日干しのイナダが並ぶ。立野豊代表(56)が状態を確かめながら一つ一つ丁寧に裏返し、乾き具合を確認していた。新型コロナウイルスの影響で需要が減ると見込み、昨年より70匹少ない150匹分を6月末までに出荷する。

スポンサーリンク

イナダ天日干し 生産最盛期に関連するWiki情報

ブリ(鰤、Amberjack、学名 Seriola quinqueradiata )は、スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種。北西太平洋に生息する回遊性の大型肉食魚である。日本では重要な食用魚であり、各地の文化や産業に深く関わる。

 

ふむふむ・・・

イナダ天日干し 生産最盛期について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

イナダ天日干し 生産最盛期についての世間の反応

魚の干物を作るとき、天日干しと乾燥機で干すのがあるが、美味しいのは、当然天日干しの方だね。

イナダって、ブリになる前の成長過程の呼び名だと思っていました。

1ヶ月ほど乾燥させたら煮干しみたいなかたさになるだろうけど、どういう風に調理して食べるんだろう?

イナダ。
聞いたことがあったけど、ブリの乾したのだったんですね。
あのブリの脂ののった味がそのままで塩気が付くなんてとっても美味しそうです。
ご飯のお共に良さそうですね。
一度食べてみたいものです。

ブリを干してイナダ?

富山ではイナダとは誰も言わない。

わざわざ九州のものをつかうのに夏の北陸の珍味とか言われてるのが謎
ご当地産じゃないとなんか高級感なくない?加工してるだけじゃん

ぶりは脂の乗った
成魚の方がいいな…

ウマいのか?ウマいなら食ってみたいので送ってくれないか?

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.