イソヒヨドリ 謎の繁殖の真相がヤバイ?!

今話題になっているキーワード、イソヒヨドリ 謎の繁殖に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

イソヒヨドリ 謎の繁殖が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

イソヒヨドリ 謎の繁殖についてのニュース記事

野鳥のイソヒヨドリ(ヒタキ科)が山梨県の甲府市内などで繁殖期を迎えている。名前の通り、海辺の岩場が生息地とされてきたが、全国的に謎の内陸進出をしていると言われる。海がない県内でも各地で観察できるようになった。【去石信一】

大きさはムクドリくらい。オスは頭から背中にかけて青く、腹は赤褐色で派手だ。繁殖する春は特徴のある大きな声で鳴くため、その存在に気付きやすい。記者は3月中旬から、甲府市内で3回、大月市で1回、偶然姿を見たほか、声だけは何度も聞いた。一方、メスは灰色っぽくて地味な姿をしている。

内陸では市街地でよく見られるため、その理由は、ビルが建ち並ぶ環境が磯の岩場に似ているからとも推測されるが、よく分からない。世界的には高山地帯にもいるので、内陸にいても不思議ではない可能性もあるとの意見もある。

やまなし野鳥の会(日本野鳥の会甲府支部)によると、記録に残る県内の最初の確認は甲府市で2002年3月10日。次は大月市の03年4月16日。これを含めて確認例は66件あるが、ほとんどが11年以降。両市以外では南アルプス市、市川三郷町、富士川町、身延町、南部町でも記録したという。甲府と大月では繁殖も確認し、身延と南部でも繁殖した可能性が高いという。

同会の小林美博事務局長は「(富士川など)川沿いに入ってきたとも考えられる。甲府では県庁や県立中央病院で繁殖しているのを見た」と話す。

 

ふむふむ・・・

イソヒヨドリ 謎の繁殖について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

イソヒヨドリ 謎の繁殖についての世間の反応

北陸地方ですが、イソヒヨドリは、人々の生活圏に入り込んでいます。
少数ですが里山に頻繁に見かけるようになりました。
雀と一緒に見かけます。

西日本の山間地ですが、イソヒヨドリがここ2,3年、増えています。
ブルーベリーの実を群れで食べに来ますよ。
ネットをかけても、もぐりこんで食べます。人を恐れません。

京都市内に住んでますが、イソヒヨドリいます。
初めて見た時は鳴き声が特徴的で綺麗な見た目をしているなぁと思ったのですが、調べて海の近くの鳥と知って???となりました。
海がないところでも順応して生活しているんですかね。たくましいです。

30年来の鳥見ですが、ほんとここ10年なんですよね。イソヒヨドリが内陸に進出してきたのって。最初多摩川の上流域で10年前に気づいたときは、「え、うそ」て感じでしたが、いまは普通に家(多摩川中流)で毎日さえずってます(笑)。
ちなみにここ数年で実家の奈良(完全な内陸)でも「毎日」見る鳥になっていて、完全に全国的な現象です。
ハクセキレイのシティーボーイ化現象と並んで、大変興味深い事例です。

大阪です。ここ4・5年で増えています。かなりの美声で、止まる所も屋根や電柱の先なので見つけやすいけれど、警戒心が強くて、なかなか近くで見ることができません。もう、すっかり、春を告げる鳥になりました。

北関東の某市です。河口からは50〜60キロ離れています。5〜6年前から高さ15m以上のビルや駐車場のてっぺんから素敵な囀りを響かせております。番も何度か確認しておりますので、繁殖まで進んでいるのかもしれません。ただ若鳥の確認が取れていませんが…。初めてイソヒヨドリの涼しげな声が海岸でなく、かなりの内陸で、しかもコンクリ駐車場のアンテナで確認したのは色々と考えさせられました。もっと驚いたのは近くの公園で毛虫を捕食していたこと。ここでも若鳥が近々確認出来る予感が。

イソヒヨドリは、数年前から明治神宮をはじめ東京都市部でも観察されています。高低差がある・餌場が少ない等ストレスが比較的強い岩場でも生息できるので、類似した環境圧のある都市域でも環境に適応できるのが大きいのでしょうね。

彼等の生活圏の環境が、移動を促すほど変化したのでしょうか。
それとも単にたくましい生活力を持っているからなのでしょうか。
現在私達が置かれている状況を考えると、色々考えてしまいます。

この鳥は、自宅の近辺でも増えています。また、ゴルフ場でも増えているようで、ビルの形と関係しているとは思えません。たぶん、彼らは本能的に海辺での繁殖を避けているのではないでしょうか。
近年の台風被害や津波の情報を彼らなりに分析し、安全への配慮をしているのではないでしょうか。
専門的な観察をすればこの鳥ばかりではなく、鳥類の生態から、リスク管理の応用が出来るかもしれません。

近年、野生動物に異常が見られると言われているが、鳥類の場合は簡単。
人間の近くならば、彼らを捕食する猛禽類や大型海鳥の類が居ない。故に、子育て安心で内陸部にまで進出して来ているらしい。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.